電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-7-30
TCP Hyblaと親和性のあるレート制御のための近似方程式の導出
◎薄 優斗・石井明日香・内海哲史・中川和重・笠井博則(福島大)・サリム ザビル(鶴岡高専)
大災害時にも有効となる通信手段として衛星ネットワークがある.遅延時間の大きい衛星ネットワークにおいて,高性能に機能する輻輳制御方式としてTCP Hyblaが提案されている.先行研究のTCP Hyblaの定常状態のスループットを予測するための解析モデルでは,Newton法を用いて高次方程式の近似解を求めていた.しかし,リアルタイムな通信においては高次方程式の数値解析が問題となる.本稿では,先行研究の解析モデルを改良し,近似式を用いて2次方程式としたTCP Hyblaのスループット近似モデルを提案する.