電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-7-29
Skypeビデオ輻輳制御とTCP輻輳制御の共存時の性能評価
◎黒崎琢未・薄 優斗・中川和重・内海哲史(福島大)
本稿では,Skypeビデオ通話がTCPフローと共存するとき,リンク容量,ネットワーク遅延(RTT)の変化がSkypeビデオ通話の性能にどのような影響を与えるのかについて評価する.有線環境下で3台のパソコンを同一のルータに接続し,2台のパソコン間でSkypeビデオ通話を行う.TCP Hybla,TCP CUBIC,TCP RenoのTCPフローと共存させ,それぞれビデオ通話を4分間,5回ずつ行い,その間に送受信されるパケットをWinDunpを用いてダンプし,tcptraceを用いて平均スループットを測定する.
 Network Emulator for Windows Toolkitを用いてRTT,リンク容量を変化させる.RTTは50,100,250,550(ms),リンク容量は4,10(Mbps)として実験を行う.結果より,Skypeビデオ通話はTCPフローによって圧迫されることが分かった.