電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-7-22
パケット・トレーラによる多様デバイスのトラフィック制御法
○山本 周・桐葉佳明・中尾彰宏(東大)
様々なデバイスや機器がネットワークに接続され情報の収集や配信が行われるようになると、IPパケットのヘッダ情報のみのトラフィックの制御が、ますます難しくなっている。パケットのデータ部分の監視は法的に問題があり、また暗号化には適用できない。パケットにユーザ同意によりメタ情報を付加し、その情報に基づきトラフィック制御を行う手法が有効である [1] 。今回はポリシー制御を行うためのアーキテクチャとシステム開発について報告する。