電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-6-60
ネットワーク装置の故障管理方法の提案 (2)
◎横田昌宏・並木雅俊・湊 祐二・井波政朗・島崎大作・前田英樹(NTT)
近年、伝送装置をはじめとするNW装置において、構成部品のサイレントチェンジ(通知がないままでの部品変更)に伴う故障や不具合により、商用サービスに影響を与える事象が発生している。通信キャリアにて部品情報(インベントリ情報)が含まれるログ情報を解析し、インベントリ情報の格納部分の推定・抽出およびその変化から部品変更の発生を推定する方法を提案する。本提案方法により、障害発生時の故障箇所・原因特定の早期化や商用サービスへの影響の最小化等が期待できる。