電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-6-55
オーバーコミット技術によるSIP 系仮想サーバの処理能力拡大に関する検討
○朱 瑋・木村伸宏・佐久間美能留(NTT)
従来,大規模電話系システムに適用する基幹系SIP サーバは専用ハード上に構成されてきたが,専用ハードEOL 対策として,将来は汎用サーバ上に仮想化技術を利用して構成されると想定される.
一方,PSTN からIP 網への移行(PSTN マイグレーション)により,SIP サーバへのトラヒック増加が見込まれる.そこで,本研究では,オーバーコミット技術を利用して,サーバ処理能力拡大を検討する.