電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-6-41
FPGAを活用したSPPのスケール性拡張検討
○大谷育生・澤崎文彦・堀米紀貴(NTT)
DPDKを用いて高速に物理NIC・VM間やVM・VM間を接続するSPPに関して、FPGAを活用してスケール性を向上する検討を行った。
NIC側のスケール性を担保するためには複数の経路からのパケットをVMに転送する必要があり、それを実現するための複数の実現方式を提案した。さらに、実際にFPGAを用いて実装する前にソフトウェアでどの程度の性能が出るかを検証し、性能および必要コア数の予測を立てた。