電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-6-33
メディアゲートウェイのメディアパス設定効率化に関する一検討
◎渡邊宏介(NTT)
交換機の維持限界等の理由からIP網への円滑な移行の検討が進められている.移行後の形態では,メタル回線を維持し,メタルからIPへの変換装置を介して電話端末をIP網に収容する方式が考えられている.このメタルからIPへのメディアの変換方法としては,メディアゲートウェイ制御プロトコル[1]の利用が考えられる.本稿では,大規模な公衆交換電話網からIP網への効率的な移行を実現するため,現行のメディアゲートウェイ(MG)設定作業における課題を挙げ,作業の効率化を実現するための方式を提案する.