電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-6-20
TSNを用いた制御システムにおけるタスクスケジューリング方式の検討
○村岡崇章・村山和宏・伊東輝顕(三菱電機)
制御システムにおいて,リアルタイムネットワークの一つであるTime Sensitive Networking(TSN)の採用が検討されている.TSNとは,IEEE802.1Qbv やIEEE802.1AS などの通信規格の集合である.制御装置では,複数のタスクが動作し,データの送受が行われる.
 本稿では,ある送信タスクの処理遅延による他の送信タスクへの処理遅延の影響を抑止することを目的とし,TSの切り替わりに合わせたタスクスケジューリング方式を提案する.