電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-107
全二重通信における干渉除去がビット誤り率に与える影響
◎小網 敦・小松和暉・宮路祐一・上原秀幸(豊橋技科大)
マルチホップ通信の高速化のため,全二重通信 (Full Duplex: FD) が検討されている.文献 [1] ではシミュレーションによってMACレベルでのスループットが評価され,実機によって干渉電力に関する評価がされているが,実機におけるリンクごとのビット誤り率が評価されていない.そこで本稿では,全二重通信をソフトウェア無線を用いて実装する.実装したシステムを用いて干渉の影響を調査し,干渉除去がビット誤り率に与える影響を評価する.