電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-106
逐次干渉除去を用いたALOHAにおけるネットワーク外干渉下の端末数推定手法
◎佐藤之斗・宮路祐一・上原秀幸(豊橋技科大)
CRDSA(Contention Resolution Diversity Slotted ALOHA)
というメディアアクセス制御方式
では,各送信端末はフレーム中に送信する複数のパケット(レプリカ)を送信し,レプリカに含まれる
送信先スロットの位置情報を用いて逐次干渉除去を適用する.
CRDSAにおいて,端末数を推定する手法が検討されている.
しかしネットワーク内からのレプリカとは違い,ネットワーク外からの干渉トラヒックは除去できないため,従来手法では推定失敗する.
そこで本稿では,CRDSAにおいて干渉トラヒックが存在する状況下の端末数推定手法を検討したので報告する.