電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-105
港湾内における海上無線LANのスループット測定
○山中仁昭(海保大)・寺重隆視(広島国際大)
港湾をはじめとする沿岸海域での船舶の安全管理や,ブイや筏等の海上設備間での情報伝送を目的として,海上無線ネットワークの需要が高まっている.屋外用の無線LANを用いれば,海上において数kmの通信が可能であることが示されており,比較的安価にネットワークを構築することができる. しかし,沿岸域では,直接波と海面反射波によるフェージング現象により受信電力が変動しやすく,通信品質が大きく劣化する可能性がある.本検討では,沿岸域を無線LANによって安定してカバーすることを最終目標に,まずは,そうした海域での通信品質の変動を明らかにするためのスループット測定を実施した.