電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-82
ブロック間干渉と伝送路推定誤差に基づいてオーバーラップ範囲を決定するFDE方式
○中島昭範・川本剛嗣・佐野裕康・岡村 敦(三菱電機)
近年,検討されているシングルキャリア(SC)伝送のオーバーラップ周波数領域等化(FDE)方式では,FDE後のブロック間干渉(IBI)に基づいてオーバーラップ範囲を決定する手法が提案されている.しかし,高速移動環境では,時変動による伝送路推定誤差が生じるため性能劣化が予想される.そこで,本論文では,IBIと伝送路推定誤差に基づいてオーバーラップ範囲を決定するFDE方式を提案する.