電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-77
摂動ベクトルによるPAPR抑圧を用いたOFDMのBER特性の改善
◎△杉本靖直・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)
OFDM変調はピーク対平均電力比(PAPR)が大きくなる.その対策の一つとして,modulo演算を応用した直交振幅変調(QAM)信号重畳型のPAPR低減法や摂動ベクトルを用いたOFDM信号のPAPR抑圧法がある.これらの方式において受信側でmodulo演算により摂動ベクトルを除去しているがBER特性が劣化する問題がある.本研究では,これらの方式におけるBER特性の改善の検討を行った.