電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-69
周波数変調を用いたインタリーブ型スペクトル拡散方式の位相補間とスペクトル折返しに基づく帯域制限
○東中雅嗣・山口歌奈子・富塚浩志・福間 恵・佐野裕康・岡村 敦(三菱電機)
M2M 通信の普及を背景に長距離無線通信方式の需要が高まっている.これに対して筆者らは,周波数変調信号を位相回転系列で直接拡散し,更にインタリーブ型スペクトル拡散を適用することで,高い電力効率を実現しながら直交周波数多重による遠近問題対策を実現する方式を提案してきた.本方式は位相回転のみで信号を表現するため,送信信号の包絡線変動が小さいという特長を有するが,帯域制限後にはPAPR (Peak to Average Power Ratio) 特性が劣化する.そこで本稿では,筆者らが先に提案した位相補間と周波数領域のスペクトル折返し処理を用いる帯域制限手法を適用し,PAPRを抑圧する構成を提案する.