電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-66
ピコセルに256-QAMを適用した異周波HetNetにおける適応制御型CREのスループット特性
○大澤 魁・大塚裕幸(工学院大)
Heterogeneous Network (HetNet)においてピコセルへの負荷分散を促進する技術の一つとしてCell Range Expansion (CRE)技術がある.筆者らはUE毎にパーソナルセルを形成する適応制御型CREを提案し,その適用効果を評価してきた.
本稿では,2 GHzと3.4 GHzを用いた異周波HetNet環境下において,ピコセルに256-QAMを適用した場合の適応制御型CREのユーザスループット改善効果を明らかにする.