電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-40
HAPSシステムにおけるフィーダリンクの周波数有効利用技術の検討
◎藤井隆史・太田喜元(HAPSモバイル)
成層圏プラットフォーム(HAPS)を用いた地上のセルラ携帯端末(携帯端末)との直接通信サービスは、サービスエリアの拡大、災害対策として非常に魅力的である。HAPS通信システムは, HAPSと携帯端末間の通信であるサービスリンクと HAPSと地上基地局(ゲートウエイ)間の通信であるフィーダリンクで構成される. HAPSのサービスリンクの通信容量はその中継周波数であるフィーダリンクの通信容量で決まることから、フィーダリンクの周波数有効利用技術が不可欠である。本稿では,フィーダリンクの周波数有効利用技術について検討を行った.