電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-32
28 GHz帯を用いた5G無線アクセスにおけるIntra-BBU HOを用いたモビリティ実験
○栗田大輔・来山大祐・原田 篤・岸山祥久(NTTドコモ)
本稿では,Ericsson社・Intel社との実験協力による基地局・移動局のビームフォーミング・ビームトラッキング技術について報告する.これまで,準ミリ波(28 GHz)を用い,超多素子アンテナ(Massive MIMO)を用いた移動局・基地局ビームフォーミングを実装した5G伝送実験を用いて,屋内外伝送評価を実施した.本稿では,お台場に構築した5Gトライアルエリアにおけるモビリティ検証をベースバンドユニット内のハンドオーバー(Intra-BBU HO)を実装した5G伝送実験装置を用いて実施し,実験結果について報告する.