電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-31
28 GHz帯を用いた5G無線アクセスにおける下りリンク分散MIMOビームフォーミングのモビリティ実験
○来山大祐・立石貴一・栗田大輔・原田 篤・岸山祥久(NTTドコモ)
本稿では,Ericsson社との実験協力による28 GHz帯を用いた5G伝送実験の結果について報告する.これまで,準ミリ波(28 GHz)において,超多素子アンテナ(Massive MIMO)による基地局ビームフォーミングを実装した5G伝送装置に分散MIMO技術を適用し,基地局アンテナを集中配置から分散配置とする事で移動局受信アンテナ間におけるチャネル相関の低減に寄与しスループットが向上することを屋内外伝送評価により示した.本報告では高速試験路に基地局アンテナを分散配置し,モビリティ検証を実施した結果について報告する.