電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-26
5G向け低SHF帯C-RAN Massive MIMOシステムにおける実伝搬データを用いたアクセスポイント間協調特性評価
○早田利浩・江 奕・佐藤俊文・山崎健一郎(NEC)・奥山達樹・増野 淳・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)
筆者らは、5Gの大容量化を実現する技術として低SHF帯におけるMassive MIMO及びC-RAN構成によるアクセスポイント間協調に注目し、装置開発を行っている。今回、開発装置で取得した実伝搬データを使用してシミュレーションを行い、アクセスポイント間協調の有効性を確認したので結果を報告する。