電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-6
遅延耐性ネットワークを用いた混雑時の情報共有手法
◎金光 涼・徳永潤平・榎原博之(関西大)
災害時は避難所や駅に避難のために人が混雑し、多数の情報要求が発生する。その結果、輻輳によって情報が得られない端末が発生してしまう。迅速な避難のために、そういった状況下でも、多くの人へ早く情報を共有可能な手法が必要である。本研究ではDTN を利用して情報の共有を迅速に行えるようにルーティングプロトコルに改良を加えて、シミュレーションにより結果を比較し、評価する。