電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-3-14
衛星通信システムにおけるビーム間干渉を考慮した効率的な周波数リソース割当に関する検討
◎亀井大樹・川本雄一・西山大樹・加藤 寧(東北大)
近年,空域や海域での通信手段としてだけでなく陸域におけるトラヒックの集中の解消の通信手段としても衛星通信ネットワークに対する需要が増加している.それに伴い,近年では大容量通信を可能とするハイスループット衛星(HTS: High Throughput Satellite)と呼ばれる衛星通信システムの開発が進んでいるとともに限られた衛星リソースでHTSの周波数利用効率を向上させる技術の研究・開発が進んでいる.本研究では,ビーム毎のトラヒック需要に合わせて周波数割当を可変とするデジタルチャネライザに着目する.本稿では,デジタルチャネライザを用いて衛星ビーム毎のトラヒック需要に合わせて限られた衛星の周波数リソースを効率的に割り当てる手法についての検討を行う.