電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-3-9
マルチビーム衛星通信におけるクラスタオーバラップ型ビームホッピング方式
○谷 重紀・内田 繁・岡村 敦(三菱電機)
HTS (High Throughput Satellite)の大容量化に対し送信ビームを時分割照射するビームホッピングは,中継器のリソースとゲートウェイ局数の低減に有効である.しかし,従来のビームホッピングはクラスタ内でビーム制御することから,クラスタ間で要求トラヒック量が偏在する場合に周波数利用効率が低下する問題がある.そこで,本稿では,クラスタをオーバラップして送信ビームの照射エリアを共有するビームホッピングを提案する.また計算機シミュレーションにより提案法の有効性を示す.