電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-3-3
ASV用衛星通信装置の衛星追尾性能に関する一検討
○片山典彦・吉村直子・高橋 卓・豊嶋守生(NICT)・百留忠洋・福田達也・松本 宙・吉田 弘(JAMSTEC)
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)では,内閣府が進める戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の次世代海洋資源調査技術において,衛星を活用した高速通信技術の開発を実施している.この中で海洋研究開発機構が所有する洋上中継器(ASV)に搭載可能な高速衛星通信装置を開発し,Ka帯を使用する超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を用いてMbpsクラスの通信回線構築を行っている.本稿では,洋上で実施した回線構築実験時の衛星捕捉と衛星追尾の性能について述べる.