電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-2-22
マルチコプターホバリング時の揺らぎ測定法の検討
◎西川凌平(北科大)・山本修知・福本義隆(福本工業)・平本理峰・三澤顕次・佐々木正巳・青木由直・三橋龍一(北科大)
建築物や風景などのアーカイブ化を目的として,空撮全球パノラマ写真の撮影を行っている.中には地上からでは全体を把握出来ないものもあり,マルチコプター(以下ドローンと表記する)を用いることは有用であると考えられる.しかし,風によってホバリング中機体位置が揺らぐためパノラマ作成に必要な写真を撮ることが出来ない場合がある.
本研究では揺らぎを測定することを目的とし,揺らぎ測定のための基礎実験を行った.