電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-153
無線リソース最適化のための戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)におけるマルチインタフェース制御法の実現性評価
○村上友規・アベセカラ ヒランタ・中平俊朗・林 崇文・石原浩一(NTT)
これまでに,筆者らは,伝搬環境や無線トラヒックが動的に変化する状況に対して,各アクセスポイント(AP)がポリシー(戦略)に基づいた無線パラメータの自律最適化を実現する戦略管理アーキテクチャ(WiSMA)を提案している.さらに,WiSMAの具体例として,無線パラメータ設定の柔軟性を高めることを目的としたマルチインタフェース(IF)制御法を提案している.本稿では,マルチIF制御法の実現性を明らかにするために,提案法を実装した無線LANを用いたスループット評価の結果を報告する.