電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-152
両円偏波アナログOAM伝送モード選択による伝送レート改善法
◎由利憲識・本間尚樹(岩手大)
筆者らは,両円偏波多重を併用したアナログOAM (Orbital Angular Momentum) 伝送法を提案している.しかし,偏波やモード間の直交性が不完全である場合に,伝送レートが減少するという問題があった.そこで本研究では,干渉の影響を受けやすい下位モードを除外するモード選択法を提案する.固有値の小さいモードを除外し,残ったモードに電力を等分配する.数値解析より,アンテナ間距離Dが7λ (λ:真空中の波長) 以降ならば注水定理との伝送レートの差が1 bits/s/Hz以下となり,全モード使用した場合との差は最大3 bits/s/Hzとなる.これらより遠方 (D≥7λ) における本方式の有用性を示した.