電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-143
双曲線, 楕円および円を用いた全方位位置推定法
◎岩田拓也・藤元美俊(福井大)・田端隆伸(小島プレス)
近年, 電気自動車が普及し, 電波を用いて充電する無線電力伝送システムの実用化が検討されている. しかし, 充電中の送受信コイルの間に異物が存在すると, 伝送効率が低下する可能性がある. そこで異物が混入した場合, 異物の検出および位置を推定する必要がある. これに関して電波を用いた物体位置推定法が検討されているが, 解析範囲が前方のみであり, 後方の位置を推定することができない. 本報告では, 全方位に推定可能な位置推定法を提案し, 有効性を評価する.