電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-141
16×16 MIMOビーム走査アレーにおける到来波推定精度改善
◎生川菜々・岩本大史・本田和博・小川晃一(富山大)
我々は自律分散コネクテッドカーに用いる円形配列フェーズドアレー4×4 MIMOアンテナを発展させた16×16 MIMOアンテナを開発している.本論文ではAOA機能において到来波推定精度を改善するため,電磁結合を低減する負荷インピーダンスについて検討した.