電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-119
導体面近傍で動作可能な低姿勢単方向指向性アンテナ
○野本敬大・久我宣裕(横浜国大)
地板の有無にかかわらず動作する、板状ループ素子を用いた低姿勢単方向指向性アンテナについて提案している。板状ループアンテナ2素子を並列配置し、その一方のみに給電すると、給電素子方向に主放射を持つ単方向指向性が実現される。隣接ループ素子からの放射が、天頂方向へヌルを形成し、不要放射を抑制して利得の優れたアンテナを実現している。また, FDTD法を用いた計算により, 本アンテナが導体面近傍においても動作可能であることを示す.