電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-66
単層寄生素子付きLプローブ給電パッチアンテナ
○飯塚 泰・齋藤和男・大越貴行(ワカ製作所)
単層Lプローブパッチアンテナのインピーダンス帯域の広帯域化について提案する.提案する構造はパッチの両側に寄生素子を配置する構造であり,単層構造を維持する.その結果,厚さ約0.05波長の単層基板でも約11%のインピーダンス帯域を得ることができる.