電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-64
平板素子及び短絡素子の装荷によるモノコーンアンテナの低姿勢化に関する検討
○松林一也・道下尚文・森下 久(防衛大)
無指向性を有するモノコーンアンテナは,アンテナ高が0.25波長より高くなる周波数ではインピーダンスの周波数変化が少なくなるため,広帯域特性となる.しかし,動作帯域の下限周波数を低周波化するためには,アンテナ高を高くすることが必要である.そこで本稿では,平板素子及び短絡素子の装荷による,モノコーンアンテナの低姿勢化を検討する.