電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-20
5Gリアルタイム電波ビジュアライザ
○今井哲朗・猪又 稔・北尾光司郎・奥村幸彦(NTTドコモ)
現在精力的に検討が進められている5Gでは,超高速大容量データ伝送を実現するために6GHz以上の高SHF帯の利用が想定されており,昨年,ITU-Rでは高SHF帯を対象とする伝搬チャネルモデルが標準化された.しかし,本チャネルモデルはシステム設計用であることから,エリア設計を高精度に行うためには十分とは言えない.そこで,筆者等は20GHz帯チャネルサウンダを基に受信局に到来する電波をリアルタイムで可視化するシステムを開発した.本稿では,その機能構成と性能について明らかにする.