電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-4
VHF帯遅延時間幅特性に関する実験的検討
○伊藤俊夫・小野 優・栗山圭太・上野衆太・徳安朋浩(NTT)
VHF帯を用いた無線通信においては低減衰による長距離伝送が期待できる一方,長遅延波が無線回線品質を劣化させる主な要因となる.高品質な無線通信システムの実現には長遅延波の影響を除去する波形等化技術の確立が必須となる.本稿では等化器設計に必要となる遅延時間幅特性について,VHF帯を用いて実験的に検討した結果を報告する.