電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-2
移動通信における基地局側垂直面電波到来角度の測定(その3)
○緒方大悟・木村 翔・表 英毅・藤井輝也(ソフトバンク)
移動体通信においてMIMO等の空間処理アルゴリズムを精度良く評価するためには、電波到来角プロファイル推定が重要である。水平面電波到来角プロファイルについては、様々な環境における測定結果を基にした推定法が提案されている。一方、垂直面電波到来角プロファイルについては、市街地における測定結果がに報告されているが、様々な環境における測定結果の報告は少なく、汎用的な推定法が求められている。本稿では基地局高50~150mの市街地と住宅地において垂直面電波到来角プロファイルを測定し、その解析結果を基に垂直面電波到来角プロファイルに影響するパラメータについて考察する。