電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-19-15
無線アドホックネットワークプロトコルの評価のための実際の環境に基づいた移動モデルの自動生成システムの提案
◎石島貴市・行田弘一(芝浦工大)
車車間通信に無線アドホックネットワークの適用が検討されているが,実用化のためには配信率の向上など,解決しなければならない課題が多く残されている.従来の無線アドホックネットワークにおける経路制御プロトコルの評価には,比較的単純な移動モデルが用いられることが多い.我々は実際の環境に基づいた移動モデルを作成し,これを用いて経路制御プロトコルの評価を行ってきたが,車載カメラの映像から移動モデルを作成する際にいくつかの問題が明らかになった.本稿ではこれらの問題を解決するために移動モデルを自動的に作成するシステムを提案する.