電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-19-8
Twitterを用いた位置情報記録・救助要請のためのWebアプリケーションT-Pl@ceの改良
◎西川修史・内田 理・宇津圭祐(東海大)
我が国では,大規模災害が頻繁に発生しており,行方不明者の捜索の際,手がかりが得られず難航するケースが見られる.また,高齢化が進行しており,認知症高齢者の徘徊による事故が多く発生している.一方,災害や緊急時におけるソーシャルメディアの活用が注目されており,我々は,Twitterを用いた位置情報記録・救助要請のためのWebアプリケーションT-Pl@ceの開発を行っている.本稿では,アプリケーションのUIの改良,救助要請が発信された場合に管理者に対し電子メールで通知する機能,および被支援者の位置トラッキング機能を新たに導入したので報告する.