電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-19-7
Mastodonによる災害情報共有を目的としたミニブログシステム
◎下代達也・内田 理(東海大)
近年,大規模災害時に,スマートフォンを利用した情報発信・収集が活発に行われているが,情報量の爆発的な増加により,災害情報の的確な収集や活用が困難となる問題も生じている.これに対し,ツイートに位置情報を自動で付与し地図上に表示するシステムに関する研究などが行われている.しかし,災害時に限定したシステムでは利用者は操作に慣れることができず,その活用に支障をきたす可能性がある.ところで,ミニブログサービスを提供することが可能なフリーソフトウェアのMastodonはオープンソースであることから運用者が独自の改良をうことが可能である.本研究では, Mastodon利用者が災害時でも問題なく活用できるよう操作性を保持しつつ,災害時の利用に適したミニブログシステムを構築する.