電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-19-5
災害情報共有システムDITS・DIMSを利用した防災教育
○内田 理・田島 祥・梶田佳孝・村上祐治・宇津圭祐・山田実俊(東海大)
日本では,毎年様々な大規模自然災害が発生しており,そのような自然災害による被害を軽減することを目的として,様々な形式の防災教育が実施されている.一方,これまでに実施された各種の調査によれば,日本では若年層の防災意識が他の年代層と比較して低いことが知られている.そのような背景のもと,若年層,特に中高生の防災意識喚起を目的として,ICT 機器を活用した防災教育に神奈川県と共同で取り組んでおり,その一環で,神奈川県内の中学校・高校において先行研究で構築した災害情報共有システムDITS・DIMSを利用した防災教育を試行している.本稿では,神奈川県内の高校で実施した防災教育の内容や事後アンケートの結果などを報告する.