電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-19-3
平成30年大阪北部地震時のツイート分析(速報)
◎山田実俊・内田 理(東海大)
平成30年6月18日大阪府北部を震源とした地震が発生し,死傷者が発生した.また,交通網の混乱により帰宅困難者が多数発生したほか、断水やガスの供給停止など,大きな混乱や被害が生じた.このような大規模災害が発生した際に被害を最小限に食い止めるためには,迅速かつ的確な情報収集・伝達が重要であるが,そのような観点から災害時のソーシャルメディアの利活用に注目が集まっている.我々は特に災害時のTwitter活用に注目しており, Twitterを利用した災害情報共有システムの構築などに取り組んできた.一方,大規模災害時には,ツイート数が爆発的に増加することが知られており,災害時のTwitterの有効活用に向けて,ツイートの特徴を分析することは重要である.本稿では,大阪府北部地震時に収集したツイートの分析結果を報告する.