電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-16-3
質感研究データベースにおけるHEVC画像品質のテクスチャ解析
◎河畑則文(名大)
「質感」は,「材質がもつ,視覚的・触覚的な感じ」と定義されている.一方,”Texture” は,(1) 織物の織り方,または織地,生地.(2) 木材・石材などの手触り.感触.または,質感.(3) コンピュータグラフィックスの3次元画像で,物体表面の質感を表現するために用いられる,と定義されている.このことから,質感は交通情報システムにおける路面状態でも応用可能だと推測できる.交通情報システムでは,リアルタイムに計測または評価可能なシステムが求められているため,質感の客観評価が必要とされる.本稿では,Webから無償で利用可能な質感研究データベースを用いて,H.265/HEVC符号化させた質感評価画像を作成し,テクスチャ解析による評価を行った.