電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-15-6
360度の景観映像において閲覧方向を共有する観光体験アプリ
◎高橋明輝・中沢憲二(金沢工大)
360度カメラを用いて撮影した全周囲の景観映像を遠隔地にいる閲覧者へ送信し,その景観映像から、閲覧者が視聴している領域を案内者と共有するアプリを提案する.360度カメラにはRICOH THETA Sを用い,撮影した景観映像はWebRTCにより閲覧者へ送信する.HMDを装着した閲覧者は360度映像から自分の見たい方向の領域を視聴する。その領域はブラウザに表示され、HTML5の機能を用いてキャプチャされ、案内者側のパソコンに送信される.案内者はブラウザに表示される映像を確認し,閲覧者が見ている方向を確認することができる。評価実験の結果から,視聴方向を共有することにより,案内者と閲覧者のコミュニケーションをより円滑に進めることができ,案内者の体験を閲覧者に共有できることが分かった