電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-15-4
色の混合比と重み付きヒストグラムに基づくコントラスト強調法
◎植田祥明(山口大)・古川翔大(鹿児島高専)・三澤秀明(宇部高専)・古賀崇了(徳山高専)・末竹規哲・内野英治(山口大)
本報告では,色の混合比および重み付きヒストグラムを用いたコントラスト強調法を提案する.提案手法では,白,黒,純色の凸結合によって各画素を表現し,それらの係数を求める.各係数は,白,黒,純色の混合比に対応する.白,黒,純色の係数ヒストグラムをそれぞれ求め,その分布を広げることでコントラストの強調を図る.このとき,勾配ノルムによる重み付きヒストグラムを用いることで過度な強調を防ぎ,自然なコントラスト強調を実現する.実験を通して,提案手法の有効性を検証する.