電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-10-14
公平性を考慮した最適化問題の交互方向乗数法を用いた分散最適化
◎日高直樹・宮本俊幸(阪大)
分散型電源や分散センサ網などのノードと呼ばれる構成要素からなるシステムのことを分散システムという.近年,大規模システムにおける計算困難性の克服や,システム構成要素のセキュリティ保護などのために,分散最適化が注目されている.また,分散システムに関して考慮すべき点として,各ノード間での公平性が挙げられる.そこで,本論文では,公平性を考慮した最適化問題を交互方向乗数法(Alternating Direction Method of Multipliers:ADMM)を用いて分散最適化するアルゴリズムを提案する.