電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-9-2
サブキャリアをグループ化したOFDMにおけるプリコーディングによる情報伝送
◎岩崎良平・大内浩司(静岡大)
直交周波数分割多重(OFDM: Orthogonal Frequency Division Multiplexing)では,ピーク電力低減および高い伝送情報量が求められる.ピーク電力低減方法としてプリコーディングが検討されている.本稿では,ピーク電力低減ではなく,情報伝送にプリコーディングを応用することを提案している.シミュレーション結果より伝送情報量は1グループ毎に2[bit]増加し,1グループのサブキャリア数が16,32のときは従来のOFDMと同程度のBER特性を達成でき,雑音の影響が小さくなるほど良くなることを示した.