電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-9-1
マルチパスフェージング環境における時空間に拡張した直交マッチドフィルタの性能評価
◎原田脩平・高林健人・榊原勝己(岡山県立大)
近年,高度交通システムが注目されており,その中で車車間通信(IVC)は重要な基幹技術である.IVCの通信方式の1つとしてCDMAをベースとした方式が提案されているが,CDMAでは他ユーザ間干渉により受信特性が劣化するので,干渉除去が重要な課題である.そこで,IVCに適した干渉除去システムとして,アレーアンテナと直交マッチドフィルタ(OMF)を組み合わた拡張OMFが提案されている.しかし,拡張OMFは現実に近い環境での性能評価が十分に行われていない.本研究では,拡張OMFにおいて,見通し外マルチパスフェージング環境を想定し,計算機シミュレーションにより性能評価を行い,その有効性を示した.