電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-8-11
ポストスケーリング型DCTによる周波数フィルタの高速化
◎川崎雄基・前田慶博・福嶋慶繁(名工大)
近年のCCDの微細化やビデオカメラのフレームレート,解像度の向上により,ノイズの問題がより顕著化し,画像のノイズ除去に関する需要が高まっている.
特にリアルタイム動画像処理を行うアプリケーションにおいては,デノイジング効果と計算効率のトレードオフは,重要な課題の一つである.

デノイジングを行う手法として,大きく分けて空間領域でフィルタリングを行うものと,周波数領域でフィルタリングを行うものがある.周波数領域でフィルタリングを行う手法として,DCT (Discrete Cosine Transform) デノイジングがある.DCTデノイジングは,計算速度とパフォーマンスのバランスに優れた手法である.本稿では,このDCTデノイジングを対象として,その高速化手法を提案している.