電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-8-2
秘匿伝送を想定した大規模MIMOシステムにおけるターボチャネル推定法の高速化
○高野泰洋・白石善明・森井昌克(神戸大)
第5世代通信システムでは,Massive Multiple-input multiple-output (MIMO)システムを用いた秘匿伝送が検討されているが,その実現には高精度なチャネル推定値が必須である.トレーニング系列と送信信号のソフトレプリカを併用するターボチャネル推定はMassive MIMOにおけるチャネル推定精度向上のための最も有望な解決策の一つである.しかし,最尤推定を実行する従来法は,送受信アンテナの積の3乗の演算量オーダーを要するため,数十から数百のアンテナを持つMassive MIMO システムでは実現が困難である.そこで本研究は,推定アルゴリズムが算出する共分散行列の代数的性質に注目し,演算精度を損なうことなく受信アンテナ数と独立な演算量オーダーで実行可能なターボチャネル推定法を提案する.