電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-7-5
フィルタ攻撃への耐性を持つ高ビットレート音響電子透かし法
◎酒井遥嘉・岩城 護(新潟大)
近年,音楽の違法コピーが大きな問題になっていることから,音楽に情報を埋め込むことでコピーを防止する電子透かしという技術が注目されている.電子透かしには様々な手法が提案されているが,オクターブ類似性という聴覚特性を利用した位相操作による手法は,埋め込んだ透かしが知覚されにくい程度の音質と,MP3圧縮・帯域通過フィルタへの両方に対して高い耐性を実現している.本稿ではこの手法に対して,多ビット同時埋め込みによる高ビットレート化を試みた.実験の結果,提案手法では多ビット同時埋め込み時に音質の劣化はほとんどなく,音質と耐性を維持した状態で先行研究より高ビットレートでの情報埋め込みを実現することができた.