電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-5-7
混合ノルムを用いたスパースNMPCFによる歌声分離
◎雨宮享平・兼本大輔・大木 真(山梨大)
歌声分離は,楽曲の管理・検索のための前処理として楽曲の歌声と伴奏を分離する技術である.これによって分離された歌声から歌手や歌詞を認識することや歌手の特徴を考慮して楽曲検索を行うことが可能となる.歌声分離には様々なアプローチがなされているが今回はその中からNMPCFという手法を用いた分離を行う.また歌声は前奏や間奏において無音となるため信号は0要素を多く含む必要がある.そのための改善策として2種類のノルムを組み合わせた混合ノルムを定義し,これを用いて正則化を行うことで多くの0要素を含むよう信号へと誘導し,分離精度の向上を図る.