電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-2-1
二元削除通信路の達成可能レートに関する一検討
◎桑原弘樹・葛岡成晃(和歌山大)
削除通信路の通信路容量は未知であるが,Diggaviらによってその下界は示されている.本研究では二元削除通信路に対して,Diggaviらの成果を精密化することで,符号長が有限の場合での達成可能なレートの下界を導出している.また数値計算によって定量的に評価している.